ヒアルロン酸で整形

ヒアルロン酸と言えば、女性の化粧水や美容液などに含まれている保湿成分ですが、美容整形でもヒアルロン酸という成分が使用されています。ヒアルロン酸は具体的にいえば、N-アセチルグルコサミンとグルクロン酸という成分によって構成された、高分子物質です。皮膚や筋肉、軟骨などを構成するための主要成分となっており、人間の体には必要不可欠な成分だと言われています。

ヒアルロン酸はもともと人の体に存在しています。保湿効果や水分保持力を持っているので、女性が使うスキンケア化粧品の多くに含まれているのです。人の体は70%が水分でできていると言われていますが、人体が水分を保持できるのはこのヒアルロン酸のおかげだともいえます。

整形外科ではどのようにしてヒアルロン酸が使用されているのかというと、注射をして人体に入れることで使用されています。整形外科では、老化により軟骨が減ってきて関節の痛みを患っている方に、ヒアルロン酸注射を行い痛みを軽減するために使用しています。

美容整形でもヒアルロン酸の注入手術が行われていますが、これはシワとりやたるみの解消、豊胸などに使用されています。ヒアルロン酸を注射器で注射するだけなので、美容整形外科などでは「プチ整形」と呼ばれることもあります。ヒアルロン酸の注入にはどういった効果があるのか、不安や疑問を抱えている方も多いでしょう。中にはヒアルロン酸の副作用について気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで当サイトでは、ヒアルロン酸と美容整形についてご紹介しています。